車検を受ける場合の費用を知っておこう

車検は車を所有していて、公道を走るならば必ず受けなければなりませんが、車検は車の維持費の中で高い部類に入ります。では、どのぐらいの費用がかかるでしょうか。これは軽自動車や普通自動車によっても違いますし、どこで車検を受けるかによっても異なります。軽自動車は普通自動車に比べて20,000円ぐらいは安くなるのがポイントです。そのためできるだけ維持費を安くしたい人は、軽自動車に乗ると言うのも1つの方法です。次に、どこの業者に申し込む日によって料金が変わってきます。車検を受ける場合の費用は、普通自動車であれば8万円から10万円なりますが、ディーラーや街の整備工場などで受けると10万円を超えることが多くなります。これに対して、最近増えてきたガソリンスタンドの車検やフランチャイズの車検場等は料金が安く設定されており、普通自動車でも8万円位で車検を受けることが可能になります。このように、場所によっても異なりますが、料金が高い方が基本的に信頼できる業者であるのは間違いないところです。

車検費用の内訳について知っておく

車検を受ける場合には、車検の費用の内訳を知っておく必要があります。車検にかかる費用の半分は法定費用と呼ばれるもので、国に対する税金や自賠責保険の支払いです。これはどこの車検場に出したとしても同じ額になります。もう1つは業者の取り分である車検費用があります。これは業者が点検をしたときの技術的な料金等です。この車検料金については、業者によって金額が異なります。

車検が切れた車を持っているだけなら問題ありませんが、その車で公道を走ると違反点数や罰金が発生します。車検方法は期限内の車とほぼ同じですが、公道を走れないので引き取りに来てもらう必要があります。