Type your search keyword, and press enter

グランドピアノとスタンドピアノはどう違う?

グランドピアノの特徴!

誰もが学校の体育館や音楽室で黒い大きな楽器を1度は見たことがあるのではないでしょうか。畳2畳から3畳分くらいある、上の大きな蓋を開けるとたくさんの弦が並んでいる鍵盤楽器、それがグランドピアノです。

グランドピアノは約300年以上前からその形を変えていない楽器で、初心者から上級者までの演奏技術に対応できる楽器です。

連続打鍵は1秒間に約14回でき、速く、細かな音を繊細に表現できます。また、グランドピアノのペダルは音量だけでなく、より繊細な音の響きを表現できるので、ホールでピアニストのコンサートを聴けば、その技術の素晴らしさを余すことなく堪能することができるのです。

スタンドピアノの特徴!

スタンドピアノはアップライトとも言われ、グランドピアノに少し遅て縦型に変化して誕生しました。

その大きさは畳約1畳程であったことから、狭スペースでもピアノを楽しむことができることから、家庭用として広く普及されました。したがって、スタンドピアノのペダルは音を小さくしたり、ソフトにしたりというご近所対策を兼ねた用途があります。

また、グランドピアノのような大きさを無理やりコンパクトにしたわけですから、連続打鍵が1秒間に約7回と少なくはなりましたが、その弾きごたえや音色は十分にピアノの素晴らしさを堪能できるようになっています。

最近の知っておきたいピアノ事情!

近年、ご近所の騒音トラブルが増えています。

そのため、思うようにピアノを弾けない所もあるようです。そんな方には『サイレント』と言われるピアノがあるのを知ってあますか?いわゆる、ピアノに電子機能が付いたもので、消音でピアノを楽しめます。

スタインウェイは、アメリカのピアノ製造メーカーを指します。さらに、世界のピアノメーカー御三家のひとつとして人気を博しています。

カスタムを楽しむのにも打ってつけ!250ccバイクの魅力とは

近年、250ccクラスが好調です

この数年のバイク市場を見ると、スクーターブームに次ぐ新しい流行が発生しています。それは250ccクラスのスポーツバイクです。若年者の人口が減少している以上、絶対的な販売数の減少や国内市場の縮小は止められるものではありませんが、このクラスのバイクについては海外でも人気のあるクラスなので、メーカー各社は同じモデルを海外でも販売することで利益を確保し、それを国内仕様としても投入する形になっています。

近未来デザインのネイキッドやカウル付きが魅力

バイクはとかく懐古主義に走ってしまう乗り物ですが、このジャンルのバイクは新しいデザインを感じることができます。特にカウル付きのモデルについては、1980年代のレプリカブーム時のバイクと比較しても、そのデザイン性に引けを取りません。むしろ当時よりも洗練されている印象を受けます。ネイキッドについては好みが分かれるところですが、それでも作り込みは細かく、乗りたい気持ちになります。

カスタムパーツも十分に用意されています

カスタムを楽しむのもバイクの魅力ですが、マフラーやハンドル周りはもちろん、多くのカスタムパーツが販売されています。デザインの一部として、ヘルメットやウェアにこだわるのも良いかもしれませんね。走行性能を上げるためのカスタムも良いですし、ひと工夫加えることで自分だけのデザインのバイクを作ることも可能です。また、250ccクラスは車検がありません。そう言っても日常での乗車でパワー不足を感じることはなく、非常にコストパフォーマンスが高いクラスと言えます。

バイクのカスタムをする際には、バイクショップに任せるのがよいでしょう。特にバイクをカスタムするときのチューンは非常に大切です。

最安の車検方法!ユーザー車検とは一体何?

法定費用以外ほとんどかからないユーザー車検

車検は業者に任せて行うものだという印象を持っている人もいますが、実際には車検を通すだけなら自分で行うこともできます。車検場に車を持って行って、指示に従って車を動かすだけで車検を通すことができるのです。これがユーザー車検であり、予約を取って車検場に行き、諸々の書類を提出して検査を受ければ車検証を発行してもらうことができます。車検に必要な法定費用以外にはほとんど費用がかからず、車検場を利用する手数料や車検場までの往復のガソリン代程度で済んでしまいます。あらゆる車検の方法の中で最も安上がりにすることができる選択肢がユーザー車検なのです。

ユーザー車検は意外に大変

ユーザー車検を誰もが利用して簡単に車検を通すことができ、その後も安心して運転できるのであればディーラーなどが車検を行うことはないでしょう。ユーザー車検はそれなりに難しいものだからこそ誰もが利用するものではないのが事実です。車検を受けるだけなので整備は一切行ってもらうことはできません。そのため、タイヤやライト、ブレーキなどの全てが車検を通る条件を満たしていなければならないのです。必要があれば事前に工場などで整備を行ってから車検場に行く必要があります。整備内容が多くて自分ではできない場合には、ユーザー車検をした方がかえって高くなってしまう場合もあるので注意が必要です。当日の車検の受け方にもテクニックがあるので何度か経験しないと合格するのが難しいことも多く、敷居が高いのは確かと言えます。

車検を通していない場合、その車は公道を走ることができなくなります。もしも、そのことに気づかないまま走ったら、必ず罰せられます。