Type your search keyword, and press enter

About the Author

admin

グランドピアノとスタンドピアノはどう違う?

グランドピアノの特徴!

誰もが学校の体育館や音楽室で黒い大きな楽器を1度は見たことがあるのではないでしょうか。畳2畳から3畳分くらいある、上の大きな蓋を開けるとたくさんの弦が並んでいる鍵盤楽器、それがグランドピアノです。

グランドピアノは約300年以上前からその形を変えていない楽器で、初心者から上級者までの演奏技術に対応できる楽器です。

連続打鍵は1秒間に約14回でき、速く、細かな音を繊細に表現できます。また、グランドピアノのペダルは音量だけでなく、より繊細な音の響きを表現できるので、ホールでピアニストのコンサートを聴けば、その技術の素晴らしさを余すことなく堪能することができるのです。

スタンドピアノの特徴!

スタンドピアノはアップライトとも言われ、グランドピアノに少し遅て縦型に変化して誕生しました。

その大きさは畳約1畳程であったことから、狭スペースでもピアノを楽しむことができることから、家庭用として広く普及されました。したがって、スタンドピアノのペダルは音を小さくしたり、ソフトにしたりというご近所対策を兼ねた用途があります。

また、グランドピアノのような大きさを無理やりコンパクトにしたわけですから、連続打鍵が1秒間に約7回と少なくはなりましたが、その弾きごたえや音色は十分にピアノの素晴らしさを堪能できるようになっています。

最近の知っておきたいピアノ事情!

近年、ご近所の騒音トラブルが増えています。

そのため、思うようにピアノを弾けない所もあるようです。そんな方には『サイレント』と言われるピアノがあるのを知ってあますか?いわゆる、ピアノに電子機能が付いたもので、消音でピアノを楽しめます。

スタインウェイは、アメリカのピアノ製造メーカーを指します。さらに、世界のピアノメーカー御三家のひとつとして人気を博しています。

カスタムを楽しむのにも打ってつけ!250ccバイクの魅力とは

近年、250ccクラスが好調です

この数年のバイク市場を見ると、スクーターブームに次ぐ新しい流行が発生しています。それは250ccクラスのスポーツバイクです。若年者の人口が減少している以上、絶対的な販売数の減少や国内市場の縮小は止められるものではありませんが、このクラスのバイクについては海外でも人気のあるクラスなので、メーカー各社は同じモデルを海外でも販売することで利益を確保し、それを国内仕様としても投入する形になっています。

近未来デザインのネイキッドやカウル付きが魅力

バイクはとかく懐古主義に走ってしまう乗り物ですが、このジャンルのバイクは新しいデザインを感じることができます。特にカウル付きのモデルについては、1980年代のレプリカブーム時のバイクと比較しても、そのデザイン性に引けを取りません。むしろ当時よりも洗練されている印象を受けます。ネイキッドについては好みが分かれるところですが、それでも作り込みは細かく、乗りたい気持ちになります。

カスタムパーツも十分に用意されています

カスタムを楽しむのもバイクの魅力ですが、マフラーやハンドル周りはもちろん、多くのカスタムパーツが販売されています。デザインの一部として、ヘルメットやウェアにこだわるのも良いかもしれませんね。走行性能を上げるためのカスタムも良いですし、ひと工夫加えることで自分だけのデザインのバイクを作ることも可能です。また、250ccクラスは車検がありません。そう言っても日常での乗車でパワー不足を感じることはなく、非常にコストパフォーマンスが高いクラスと言えます。

バイクのカスタムをする際には、バイクショップに任せるのがよいでしょう。特にバイクをカスタムするときのチューンは非常に大切です。

最安の車検方法!ユーザー車検とは一体何?

法定費用以外ほとんどかからないユーザー車検

車検は業者に任せて行うものだという印象を持っている人もいますが、実際には車検を通すだけなら自分で行うこともできます。車検場に車を持って行って、指示に従って車を動かすだけで車検を通すことができるのです。これがユーザー車検であり、予約を取って車検場に行き、諸々の書類を提出して検査を受ければ車検証を発行してもらうことができます。車検に必要な法定費用以外にはほとんど費用がかからず、車検場を利用する手数料や車検場までの往復のガソリン代程度で済んでしまいます。あらゆる車検の方法の中で最も安上がりにすることができる選択肢がユーザー車検なのです。

ユーザー車検は意外に大変

ユーザー車検を誰もが利用して簡単に車検を通すことができ、その後も安心して運転できるのであればディーラーなどが車検を行うことはないでしょう。ユーザー車検はそれなりに難しいものだからこそ誰もが利用するものではないのが事実です。車検を受けるだけなので整備は一切行ってもらうことはできません。そのため、タイヤやライト、ブレーキなどの全てが車検を通る条件を満たしていなければならないのです。必要があれば事前に工場などで整備を行ってから車検場に行く必要があります。整備内容が多くて自分ではできない場合には、ユーザー車検をした方がかえって高くなってしまう場合もあるので注意が必要です。当日の車検の受け方にもテクニックがあるので何度か経験しないと合格するのが難しいことも多く、敷居が高いのは確かと言えます。

車検を通していない場合、その車は公道を走ることができなくなります。もしも、そのことに気づかないまま走ったら、必ず罰せられます。

バスツアーでご当地グルメを存分に楽しもう

旅の楽しみを広げるご当地グルメの魅力

ご当地グルメへの関心が高まるなか、旅をするなら美味しいご当地グルメを楽しみたいと考えている人も多いのではないでしょうか。バスツアーでは、その土地ならではの味に触れられる施設を訪れるツアーも数多くあり、グルメ旅を満喫したい時におすすめです。名産品のお土産や試食が付いているツアーもあるのが、嬉しいところですね。

ご当地ソフトクリームのバリエーションがすごい!

食事がセットになっているバスツアーでは、がっつり系のグルメはなかなか食べる余裕がないかもしれませんが、スイーツやドリンクなら楽しみやすいですよ。スイーツのなかでも、人気が高いのがご当地ソフトクリームです。そのバリエーションは幅広く、味噌や醤油、塩など調味料を生かしたソフトクリームもなかなか美味しいと評判です。普段は口にする機会のない珍しいソフトクリームを道の駅やレジャーランドで見かけたら、ぜひ食べてみて下さいね。バスツアーなら、バスに乗り込んでゆっくり味わうこともできますよ。

道の駅のベーカリーでご当地パンを手に入れよう!

バスツアーの立ち寄りスポットのひとつである道の駅では、ご当地食材を使った様々な美味しい物に出会えます。道の駅に入ると、焼きたてパンの香ばしい香りが漂っていることがありますよね。名産の食材を生かした菓子パンや惣菜パンからは、その土地でなければ出せない個性が感じられます。生地へのこだわりが光るベーカリーも多く、なかには、貴重な国産小麦を使ったパンを扱っているところもみられます。バスの中で食べたり、お土産にしたり、と色んなシーンで楽しめるご当地パンにも注目して、バスツアーでめいっぱいグルメを堪能して下さいね。

日帰りのバスツアーは、往復の交通費込みでお得に観光名所を巡るパックツアーです。早朝から昼にかけて出発し、夕方から夜に出発地にバスで戻って来ます。

日帰りのバスツアーの食べ放題を探す

意外と知らなかったかも!?オーボエのひみつ

オーボエってどんな楽器?

オーボエとは木管楽器の一種で、特に高音域を担当します。重ねた2枚のリードを震わせて音を出すことからダブルリード楽器とも呼ばれます。

原義はフランス語でhaut bois(高い、大きな音の木)とされ、艶やかでのびのある美しい音色が特徴的な楽器です。

どんな風に生まれたの?オーボエの歴史

ダブルリードの楽器の始まりは古代の葦笛まで遡り、野外楽器として発展しました。その一つがズルナと言うトルコの楽器で、これがヨーロッパに入りオーボエの祖先の一つとなりました。オーボエ自体が誕生したのは17世紀中頃のフランスとされ、中世からルネッサンス期に軍隊などで使われていたショームという楽器が、室内音楽用に改良されオーボエとなったのです。

オーボエってどう選んだらいいの?そんなときは…

オーボエは数ある楽器の中でも、精密かつ繊細な構造をもって作られている楽器のため、選び方やメンテナンスはとても重要なポイントとなってきます。初めて楽器を選ぶ際には自分だけで選ぶよりも、オーボエに詳しいプロと一緒に選ぶと安心です。試奏をしたいとき、きちんとしたリードを使用してみなければ正確な判断ができないこともプロと一緒に選んだ方が良い理由の一つです。購入した後の調整やリード製作に必要な材料や道具を揃えていくためにも、信頼できる楽器店を探すというのがオーボエ選びの第一歩と言えるでしょう。

オーボエのメンテナンスってどうしたらいいの!?

天然の木で作られているオーボエは急激な温度や湿度の変化に敏感で、扱いを間違えれば楽器がひび割れてしまうこともあります。なので特に冬場は演奏する前に楽器が室温に慣れるまで待つことが重要です。使用後は管体内部とジョイント部端面の水分を丁寧に拭き取ること、さらに演奏の合間にもできるだけ管体内部の水分を拭き取っておくと安心です。

オーボエは木管楽器の一種で、ダブルリードで発音します。音程がかなり不安定な楽器であるため、世界一難しい木管楽器としても知られています。

たった一日で色々なところを回ることができる

バスツアーの魅力に迫る

自分で旅行の契約を立てるのも良いですが、もっと手軽にしかも堅実に旅行を楽しめるのがバスツアーになります。バスツアーであれば、旅行会社が綿密なスケジュールを立ててくれているので、無駄な時間を過ごす必要もありません。しかも、いかにお客さんが喜んでくれるかを想定して、色々なツアー場所を決めているので間違いないでしょう。

さて、このバスツアーの魅力は、リーズナブルな料金設定にもかかわらず、さまざまな場所に案内してくれるところです。そして、各観光名所ではお土産を購入できるところもきちんと用意してくれます。

日帰りの場合でも、たった一日で色々なところを観光してまわることができるので、とても濃い一日を過ごすことができるのです。

メリットやデメリットについて

日帰りバスツアーの場合、安くて色々なところに行けるというメリットがありますが、デメリットとしては全く知らない人々と一緒にツアーに参加することになる点でしょう。同じバスに色々なところから申し込みをした人々が乗ります。多くの人びとがいれば、中にはちょっとひねくれた人もいるかもしれません。このあたりがバスツアーのデメリットになるかもしれません。

それ以外はメリットだらけと言えます。申し込みもとても手軽に行うことができますし、インターネット上で申し込みができるので、時間を選ばずに好きなタイミングで申し込み可能です。

旅行会社によって色々なバスツアーを用意していますし、さまざまなコースが設定されているので楽しめます。

日帰りのバスツアーを東京発のプランはたくさんあります。行先は日光や信州など東京から半径200キロの範囲もあります。

詳細はこちら